サブシステム

パステルステッチは以下の 5 種類のサブシステム (subsystem) から成る。

構文抽出器はソースコード (source code) をオブジェクトコード (object code) に変換する。構文結合器は複数のオブジェクトコードを結合して 1 個のオブジェクトコードを出力する。名前検査器は複合名の使用が妥当であるかどうか検査する。式検査器は式の使用が妥当であるか検査する。インタープリターはオブジェクトコードを受け取り、それをパステルステッチのプログラムとして実行する。

サブシステムは抽象的な概念であり、独立したプログラムであるとは限らない。リファレンス実装では、サブシステムはそれぞれ独立したプログラムである。