セキュリティ・パーミッション

セキュリティ・パーミッション (security permission) は、セキュリティまたはプライバシーに懸念のあるホスト演算の実行を、許可または禁止する言語機能である。セキュリティ・パーミッションは以下のクラスに分類される。

「外部プログラム実行」が許可されない場合、以下のホスト演算を実行できない。

「プロセス生成」が許可されない場合、以下のホスト演算を実行できない。

「ファイルアクセス」が許可されない場合、以下のホスト演算を実行できない。

「プラットフォームとのインタラクション」が許可されない場合、以下のホスト演算を実行できない。

「セキュリティ・パーミッションの読み取り」が許可されない場合、以下のホスト演算を実行できない。

detect security permissionmain プリミティブ演算は main 引数を取る。main 引数の値には以下の有名ベクトルを指定できる。

戻り値は以下のいずれかの有名ベクトルである。main 引数で指定された有名ベクトルに対応するセキュリティ・パーミッションが存在しない場合は unknown を返す。