ホスト言語に依存する仕様

あるプログラミング言語で書かれたプログラムの上で、別のプログラミング言語のインタープリターが動作しているとき、前者のプログラミング言語を「ホスト言語」、後者を「ゲスト言語」という。

この節ではホスト言語が C++ である場合にのみ有効な言語仕様を規定する。ゲスト言語はパステルステッチである。断りのない限り、この文書で C++ とは C++11 を意味する。